ホームページに動画を載せる

歯周病にならないヒト

歯肉の外に見える様になってきて「何が嫌なのか。」を伝えることは、とても大切です。それは、歯科医師の側にとっても、非常に重要な情報であるからです。患者さんの気持ちを知り、そこから改善方法を考えて、実行していく。その積み重ねによって、歯科医院はより快適な空間になっていきます。あなたの嫌だと思っていることは、歯医者さんにとって、ありがたい話であると思ってください。だから遠慮せず、自分の希望を伝えていいのです。
ちゃんはお母さんが帰ってくるまでずっとテレビを見ていました。そのときの姿勢が問題なのです。
テーブルの上にぺったりと頭をのせ、ほとんど寝ながら見ているような状態で、顔は必ず右側が下になっているのだそうです。
この日、私は「テレビはまっすぐな姿勢で正面から見ようね」と提案しました。そしてお母さんに「正しい姿勢だったらほめてあげてくださいね。できれば、幼稚園でも」とお願いしました。ホームページに動画を載せる歯周組織にまで炎症が起こっている物歯ブラシについて解説するのは無理があります

歯石を取るのはリスクがあるという風に覚えておきましょう

歯ブラシは共有しないでください

ユウキちゃんのお母さんは、パパやおばあちゃんといった家族だけでなく、幼稚園の先生や園バスの運転手さんにも協力していただき、ユウキちゃんの姿勢が正しく保てていたら「姿勢がいいね」「背中が、まっすぐだね」とほめてもらうようにお願いしてくれました。
それから1カ月半、診療室を訪れたユウキちゃんは別人のようでした。まっすぐに立てるようになったことで、歯の正中線は上下が正しくそろいました。さらに1週間後、口角の位置は左右同じ高さになり、目の大きさもそろってきました。そして何より、家族や幼稚園の先生たちに「いい姿勢だね」とほめられることで自信がつき、いきいきと明るい表情になっていたのです【歯がデコボコに生えていた】ツバサくん(5才)の場合ツバサくんは「乳歯の歯並びが悪いということで診療室を訪れました。

歯を動かすということの価値

口の中を診てみるとあごがとても小さいことがすぐわかりました。まだ乳歯だというのに、歯がデコボコに生えていたのです。
けれど、私はそれ以上に彼の姿勢が気になりました。「姿勢が悪いというよりも、筋力がなくて姿勢をまっすぐに保つことができない、体全体がぐにゃりとしている印象だったのです。「体をまっすぐにしてごらん」と言っても、上半身はくったり前に倒れます。お母さんと2人がかりで背中を支えても、首がガクンと前に倒れてしまうほどでした。私は「とにかく姿勢を正しくして、よくかむ食生活を心がけてくださいね。

歯を武器にする必要がないからですね

体も動かしましょうとアドバイスしました。
乳歯でさえ並ぶスペースのない子の場合、永久歯の生えるスペース不足は明らかです。
んも矯正せざるを得なぃだろうと思っていました。
ツバサくところが253年して、久しぶりに診療室を訪れたツバサくんを見ると、前歯のデコボコがほどけていたではありませんか。「デコボコがほどける」というのは、あごの成長によって少しスペースがつくられて、デコボコの割合が緩やかになった状態のことを言います。しかも、あんなにぐにやりと曲がった体がシャキッと伸びていたのです。
「ツバサくん、どうしたの?」と聞くと、「実は野球を始めたんです」とお母さん。そう、ツバサくんは小学校に入って野球クラブに入ったのですけれど、ぐにゃぐにゃの体のツバサくんは、中腰の姿勢が保てません。
歯はきれいなのに奥歯は次々

歯になっていた……という恐ろしい事態に!

野球の場合、守備のとき太ももに両手を当てて中腰の姿勢で構えますよねところが、ツバサくんはどうしても中腰の守りの姿勢ができなかったのだそうです。監督には「まずは姿勢からだね」と注意され、友だちが簡単にできることができない自分にも腹が立つ。毎日玉拾いばかりでしたが、野球が大好きになったツバサくんはあきらめずに野球を続けました。

先生が本を出している歯科医院とそうでない

その結果、中腰の姿勢を保てるようになったツバサくん。家での姿勢もよくなり、背筋を伸ばしてしっかりとかむこともできるようになったのです。そのため、あごの成長がぐんぐんと進んだのでしょう。永久歯が生える時期にあごも急に大きくなり、小学校高学年になって永久歯が並んだとき、ツバサくんの口の中に幼児期の面影はありませんでした。おそらく、矯正なしできれいな歯並びを手に入れたことと思います。

歯の疑問に答えます

歯医者さんは歯の専門家ですが、患者さんは専門家ではありません。
だから、「なぜ?」と思うことがいろいろとあることと思います。ここでは、説していきたいと思います。


ホームページに動画を載せる 歯槽骨が小さいあごの骨 歯科医師が的確に歯肉の状態いのです