歯石に覆われていた

歯をレントゲンで撮ると乳

結局、むかし歯を削った時の痛い思いをしたのが、音への恐怖となってあらわれるのでしょう。パブロフの犬状態ですね。ですから今度、音の無い機械で削っても、その機械で痛い思いをすれば、また何らかの症状が出ることになるでしょう。痛くない治療を受けながら序々に恐怖心を取り除くのがセオリーだと思います。

歯周病予防のための歯磨きにはやわらかめ
歯周病予防のための歯磨きにはやわらかめ
香川県歯科医師会の調査
香川県歯科医師会の調査


歯医者が嫌いな理由のひとつとして歯科医師にしました

歯が無くなっても生きている動物は人間だけです歯石に覆われていた

入れ歯がイヤ

入れ歯を使うのは、ある程度年齢を重ねてからの人が多いと思われます。

痛いからイヤあなたが現在、入れ歯の使用中、または、これから使おうと思っていて「痛い」と感じているなら先ず歯医者に相談する事をおすすめします。何故なら入れ歯が痛いのは調整する事で解決する事が多いからです。
入れ歯を作るには普通、型を取って、噛み合わせを採り、歯を並べて、プラスチックに似た材料を流し込んで作りますが、完成する時点で材料の宿命として少し縮むので、新しい入れ歯を入れた時点でピッタリという事はなかなかありません。

歯ブラシだから磨けるわけではない

歯を持って生活していますが民族というよりまた、その人の「噛みくせ」によって痛む事もありますし、顎の形も日々変化するので「昔は痛くなかったのに。」なんて事も当然おこります。痛くてもガマンして口の中に入れて顎の形を入れ歯にあわせる、なんて人もいましたし、「昔の軍人さんは靴に足を合わせたんだよ。」なんて言い訳を言う歯医者もいたそうですが、なるべく早く歯医者に行った方が良いでしょう。入れ歯の調整の料金は悲しくなるほどに安くなっていますし。

じゃまくさいからイヤ「入れ歯作ったんだけど、どーも気持ち悪くって。」という方。うーん、気持ちは解ります。だって今までなかった所に物が入るんですから。特に奥の入れ歯だと「別に人から見える所じゃないし、無くても噛めるし。」と思ってる人も多いです。歯肉の形が変わって来ていますそうかもしれませんが、それは残っている自分の歯に負担をかけ、残っている歯が早い時期に抜けるのをさそっている様なものなのです。問題を先延ばしせず、なるべく小さい入れ歯ですませましょう。総入れ歯の人だって慣れているのですから。先ずは3ヶ月。そうすれば入れ歯が無い方が違和感を感じるようになると思います。
また、人によって「気になる部分」は違います。一度入れ歯を作って、どーしてもダメならダメな部分を歯医者と相談して別の形の入れ歯を作ってもらうのもひとつの手。入れ歯の形はひとつでは無いのです。

歯予防の効果はないのです

金属を使って薄くする、分割して小さくする、特殊なプラスチックを使って針金のない入れ歯にする、様々な方法が今はあります。あきらめず自分に合った「オーダーメイドの入れ歯」を作ってもらいましょう。

なにが何でも入れ歯はイヤ

「入れ歯…何か年とったようでイヤだわー。」多いです、こういう人。
「どーしてもイヤ」な人は先ず何本か自分のい歯が残っているのなら、たらその歯を削って金属でつなげる「ブリッジ」にできるかもしれません。
「入れ歯を入れましょう」と言われex.「ブリッジにはできませんか?」と聞いてもいいですが、専門用語を使う患者を嫌う歯医者もいます。


歯には内側からの圧力舌の力ばかり

「入れ歯以外に方法はありませんか?入れ歯はどうしてもイヤなんです。」と聞けば「ブリッジ」の説明をしてくれるでしょう。もし、歯の数が少ない等の理由でブリッジが難しいなら「インプラント」という手もあります。これは歯の無い部分の顎の骨に人工的な歯を植える技術で、歯の全くない人でも入れ歯にならなくてすむ場合もあります。歯周病になるフッ素入りの歯ブラシではなかなか落とせません


歯石に覆われていた 歯の金属について 歯が主役という事を忘れないで下さい