病気にはなりにくいのです

ケアや作業所に患者さんが通う利点のひとつは

私たちの体は細胞で構成されているその細胞に寿命があるということは、とりもなおさず、個体の寿命に限りがあるということを表わしている細胞の寿命がどのくらい個体の寿命と関係するかということになると、いまのところ答えは出ていないが個体の寿命は、個体を構成している組織や臓器の衰えによって決まると考えられるから、組織や臓器の衰えはそれを構成している細胞の寿命が尽きることによってもたらされることは十分に考えられるこのように、テロメアの長さが尽きることで細胞の寿命が尽き、ないか、と考えるのは自然であろう。それが個体の老化に結びついているのでは人間以外の動物でも、細胞分裂の回数と寿命は関係があることが確認されている。たとえば、寿命が三年ほどのネズミでは五回程度、寿命が百七十五年のガラパゴスゾウガメでは一二五回くらいで細胞は分裂をしなくなる。しかし、動物の種類によっては、相関しない場合もある。マウスは最大寿命が三·五年で、人間の1分の1に過ぎないが、意外なことにマウスのテロメアは人間のそれよりもかなり長いのである前述したように、私たち人間の体でも一般的に年をとるとともにテロメアは短くなることが確認されているしかし、個々人においても、各臓器や器官の細胞では、染色体のテロメアの長さは異なる。

老化のメカニズムに関する学説が生まれてきたのは

年をとったからあらゆる臓器や器官の細胞の染色体のテロメアが一律に短くなっているとは限らないのであるまた、八十歳前後では、大半の細胞のテロメアはまだ、かなりの細胞分裂を繰り返すだけの長さを持っている。このことから、八十歳前後までは、テロメアの長さが老化や寿命の鍵を握っていないのではないか、という見方もあるテロメアの短縮を抑制する酵素、テロメラーゼ短くなっていくテロメアに対して、その短縮を抑えるテロメラーゼという酵素がある細胞には、脳の神経細胞のように細胞分裂を繰り返さないものも一部にはあるが、体の細胞は普通、六0回の分裂を繰り返した後、しかし、細胞の中には、明らかに無限の寿命を持っていると思われるものもある。その一つが生殖細胞である。卵子や精子は、私たちの祖先の脊椎動物が誕生してから、なく分裂を繰り返してきた。がん細胞も同じように無限に分裂を繰り返す何億年も絶えることこれら生殖細胞やがん細胞のように無限に増殖する細胞では、テロメアの長さを保つ仕組みがあることが解明された。正常な細胞と違って、一般的に、がん細胞では細胞分裂をいくら繰り返してもテロメアが短くならない。

 

病気との鑑別が必要な場合に実施します

免疫理論をもっともっと多くの人に伝えたいか長い人生のあいだには

当時を振り返って、浩子さんはこう語ります「ひどい時期を乗り越えるのにHRTはとても役にたったと思います。一番大変な時期に心身ともに大きなパワーが出たのはHRTの力だと実感しました。今は朝起きたときに手の関節がこわばるとか目が乾燥するとかそれなりに更年期の症状があるのですが、とくに生活に大きな支障がないかぎりはHRTは使わず、自然に任せていいかなと思ってます。ただ、今後またなにかあったときには迷わずHRTの力を借りようと思ってま現在は母親も一人暮らしに慣れ、浩子さん自身の体調もよく、夜はぐっすり眠り、朝は4時には起きて仕事を始められる爽快な目覚めの毎日を暮らしています「人によっては更年期をなにごともなくスッと過ごしてしまう人もいるでしょう。私がもしそうだったら、今のような静かで満ち足りた生活はできてなかったかもしれない」そう切り出して、更年期の嵐は改めて素の自分を見つめなおすいい機会となったと、浩子さんは打ち明けま「親の介護と仕事の両立という現実的に自分にふりかかっていることがあまりにも重く、とてもそれまでのようにだれに対してもいい顔をしていられなくなりました。

同じ子宮に発生するガンですが八方美人ではいられなくなったとき、初めていままでは両親に対してだけでなく、だれに対しても無理をしていい子をやっていたことに気づいたんです」いってみればどうでもいい人に、どうでもいい話をされて、内心「いやだな」と思っても顔ではニコニコ。もうそんなことにエネルギーを使ってまで、いい子でいるのはばかげていると思うようになったのです。「若いころはろくでもない仕事もたくさんやってきた。ただ若いころはろくでもないとは気づかないんですけどね。でも、まもなく80歳になる母親をみていると、年をとると白内障になってものがちゃんと見えなくなる足腰も動けなくなる。
治療しようという意識が一般の人にもあまりありませんでした
治療しようという意識が一般の人にもあまりありませんでした

ガンが再発しないように体の

病気ではなくて自分が怠けているのではないか気持ちがまっすぐな小夜子さんは、最初のうちはなにもわからず、う、とみんなの話をまにうけていませんでした。そうはいってもいいところもあるでしょところが、それが事実だとわかるのにそう時間はかかりませんでした先生はすべてに非協力的学年会議で決めごとをしても、決して実行しない。学年の教材研究も、小夜子さんの提案に対して「それはやりたくない」と反発したり、「それはいいですね」と言いながら自分のクラスではやろうとしなかったり。1か月もたたないうちに、責任者として学年運営に行き詰まり、「かつて体験したことのないストレス」を感じていまA先生とは日に日に、うまくやるのは無理かもしれないという思いが広がり、その不安は不眠へとつながっていきました。新学期が始まって1カ月とたたないうちから、床についてから学校のことを考えると眠れなくなりました。

うつ病もありますから

うまく眠れても、夜中の2時3時に目が覚め、A先生のことを考えてしまうのです。とくに学年会議の前日がだめでした。先生の正体が明らかになるにつれ、なにも知らない転勤したばかりの自分に、に対する不信感も、いやおうなく募っていきました。難題を押しつけた教師集団6月に入って悶々としていたところ、保健婦のB先生から声をかけられました「顔色も悪いし、声にはりもないし、元気もないけれど、どうしたの涙ながらにたまっていたものを吐き出しました。「とにかく学校のことはすべて忘れて病院へ行きなさい。私もそういう経験があるのよ。病気があったら